2012年11月24日

『2012・11月の日記』〜乳の木さん〜

2012・11銀杏1.jpg
----------------

休みの日は家でじっとしてられない派、管理人の隼人です!
こんバーガー!!!

この日は、登山目的ではなく巨木目的で山に行ってまいりました!!


なぜ巨木を見に行くことになったかというと、僕の地元に高山寺という寺があるんですが、このお寺は昭和33年に今ある場所に移設されたのですが、それまでは、丹波市氷上町にある弘浪山の山頂に約1200年間という長い歴史を生きた寺があったというのです。

その話を知ったのは、祖父が4年前に亡くなった時、高山寺に行った際、襖に山の上に寺がり人でにぎわっている絵が描かれていたのだ。
「これは一体?」
その疑問をおやじに聞くと、このお寺は昔山の上にあったんやと教えられた。
そして、その跡地には、当時からある大イチョウの木があるという興味深い話を聞いた。

それ以来、その跡地とイチョウの木を見てみたいという思いはずっとあったのです。

そして、数日前に友人と行こう!と、4年間の思いが果たせる日がきたので、情報をいろいろ収集していると、おのイチョウの木は県内で2番目に大きいというのだ。
さらに期待は高まる!!
しかし当日はあいにくの大雨。

悔しいのでさらに情報を得ようと調べていると、県で一番大きいイチョウの木は隣町の丹波市青垣町にあるというのだ。

そしてこちらのほうが登りやすそう!ということで、後日友人2人で行くこととなったのがきっかけです!(笑)

といっても、ネットで調べている限りでは、登山客は少なくというかないに等しいくらいで、巨木ファンの方がちょこっと登られてる感じで、林道はあるようだがあまりいい道ではないようだし、動物と遭遇しかねないスポットのようだし、16日から猟銃解禁されたしでちょっと二人では心細く、林業やってる友人に何を気をつければいいかと確認したら、ヤマビルがまだいるかもやから虫除けと、鈴、目立つ格好でいけば大丈夫!
ってことだったので、それを守りゴー!!!

青垣町の常龍寺の山奥に大公孫樹、別名「乳の木さん」という県下最大のイチョウの木があるのだ。
2012・11銀杏常瀧寺.jpg
2012・11銀杏階段.jpg
この苔がすごく良い感じ。

2012・11銀杏登山道.jpg
ここから上がっていきます。
途中までは車でも行ける広い道です。

2012・11銀杏崖.jpg
途中崖崩れしたっぽいところもありますが基本的に道は良好。
でも一人では不気味な道です。

そして、個人的にはあっさり目的地に到着!!
2012・11銀杏1.jpg
大きなイチョウが見えました!!

ここからが圧巻!!
ジブリの世界!!!!!
かといってすごい存在感で一人だと恐怖すら感じてしまいそうな・・
2012・11銀杏2.jpg
まず何がどうなってるかわからない!!

2012・11銀杏3.jpg
樹齢1300年!!
しかし親木は落雷により焦げ跡もあり空洞に!

2012・11銀杏4.jpg
2012・11銀杏7.jpg
2012・11銀杏9.jpg

枝?がズコーーンっと横に伸びつつ下に垂れつつ、そのまま根付いたのもありつつ、枝から普通でかい木のサイズが伸びてたり!


2012・11銀杏5.jpg
ハウルの動くイチョウ!!!!

紅葉は少し遅かったのかまだ黄色くなかったし落ちてもいなかったのでもう一回いけそうかな?

そして、くそでかい鈴を持って、派手な格好できてたんで、記念写真。2012・11銀杏サボテン.jpg

絶対に打たないでください!(笑)

なにかすごいエネルギーをもらったような感じがしました。

その後、実家の村の神社もイチョウが綺麗ので見に行ってきました。
2012・11銀杏実家.jpg
サイズはさっきほど大きくないが、こっちのほうがきれい。
一面が黄色の絨毯!!
2012・11銀杏実家2.jpg


個人的に秋が一番日本を感じる季節で好きです。

皆さんも巨木な紅葉を是非!!














posted by 隼人 at 05:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。